包茎治療のメリット

包茎を治療したいという男性は多くいます。

 

日本では男性のうち過半数が包茎だという説もあってか、包茎の治療が進んでいます。ですから、包茎治療をしようと思えば、簡単に病院で施術してもらうことができます。

 

とはいっても、包茎の手術というのは、なかなかふんぎりのつかないものです。

 

お医者さんとはいっても、赤の他人に陰部をあずけてしまい、しかも一部分を切りとってしまうとなると、なかなか勇気のいることではあります。

 

「治療なんてしなくても、今のままでも使い物にはなる。多少不便なところがあっても、我慢すればいい」と思われるかもしれません。

 

しかし、包茎治療のもつメリットというのは、非常に大きなものです。そのうちの一つが、なんといっても包茎を治療したあとでの清潔感です。

 

包茎の状態では、陰部に垢がたまりやすく、また、性病にもかかりやすいのです。

 

女性などから見ますと、ずいぶん不衛生に見えます。自分にとっても、悪臭などの問題を生みます。

 

また、包茎の症状として、痛みや不快感などの問題がでることもあります。

 

特に、かんとん包茎のかたなどは、勃起のさいに痛みをともないます。

 

包茎のさまざまなデメリットである、不衛生や痛みや不快感などで悩むくらいなら、勇気をもって包茎治療をしたほうが良いでしょう。
関連:おすすめ→ペニス増大サプリ


メスを使わないで治すことが可能な包茎治療もあります

 

包茎治療というと、メスを使うものだけと思っている方も多いと思います。

 

しかし、実は、メスを使わないで治すことが可能な包茎治療もあります。

 

メスを使わない包茎治療術のメリットは、痛くないこと、治療後の治りが早く、すぐにいつもの生活に帰ることができること、クリニックによって異なりますが、メスを使う包茎治療よりも安いことなどがあります。

 

また、デメリットとしては、治療ができる範囲が狭いこと、治療によっては、接着した部分があとでとれてしまって、以前の包茎の状態に帰ってしまう恐れがある、というようなことです。

 

メスを使わない包茎治療には大きく2つの種類があります。

 

1つは接着を行う方法で、余分な包皮を陰茎の付け根に、接着剤を使用して止めてしまいます。

 

接着を行うだけなので痛みは当然なく、傷も残りません。

 

もう1つは、美容外科などの二重まぶたの整形と同じように、とよく言われる方法です。

 

簡単にいうと、包皮がむけたような状態に癖をつける、というようなものです。

 

美容外科などの治療と同じように、糸を使用して縫って止めます。

 

抜糸の必要がない糸を使用することも可能で、治療としては大変簡単です。

 

しかし、余分な皮が多いなど、治療が行えないことも多くあります。